カードローン 返済

カードローンの返済方法について

 

top

 

カードローンを利用する際にまず気になるのは、返済方法だと思います。そこでカードローンやその他のローン等で採用されている幾つかの返済方法について、少しづつ簡単にですが、御説明していこうと思います。まず最初に御紹介するのは、主に目的ローンで採用されている元利均等方式です。この方式では、借りたお金の返済額と金利を加算し、毎月一定額のお金を返済していきます。毎月計画的に返済することは出来るのですが、最初の頃の返済は殆ど利息の返済に回ることが多く、元金が減りにくいといった特徴があります。

 

次に御紹介するのは元金均等方式です。この方式では毎月一定額の元金に、その月の借入残高に応じた利息をかけた額を返済していきます。借入残高の多い当初は、金利が高いので負担に感じますが、返済が進むにつれて徐々に下がっていくことになっています。元利均等方式より、金利の支払が少なくて済むのが特徴です。次に御紹介するのは、高額な家電を買ったとき等にも採用される分割払いです。この方式では元金にあらかじめ利息を足しておき、分割する回数に分けて、主に月毎に返済しっていきます。毎月一定の額になるように計算されますが、カードローンの場合は1回の利用毎に計算されますので、返済中に新たな借入をして返済が重複してしまいますと、毎月の支払いも重複してしまい、大変な負担になりますし、金利も高めとなっています。ですので、繰り返し借りるケースもあるカードローンに向いた方法とは言えず、この方式を採用している会社は少ないと思われます。

 

次にカードローンの返済方法として最も多く採用されている、残高スライド元利定額リボルビング方式について御説明していきたいと思います。この方式では、借入額を一定の範囲内で段階的に分けて、それに応じて毎月返済額が変動していきます。返済中に新たな借入をしても、その額に応じて毎月の返済額が計算し直されるので、カードローンには非常に適応した返済方法と言えます。但し、毎月一定額の返済でない分、より計画的に返済をしていく必要はあります。この方式に類する返済方法として、残高スライド元利定率リボルビング方式・残高スライド元金定額リボルビング方式・残高スライド元金定率方式等もありますが、最も多く採用されている元利定額リボルビング方式と、元利定率リボルビング方式についてついてだけ、覚えておけばいいのではないでしょうか。

 

これらの方式の中では、2つの用語が組み合わされている方式の名前が多いので、個々の用語の意味について念のため御説明しておきましょう。まず最初は元利からです。元利とは元金と利息の合計支払額が毎月一定になることで、例えば毎月1万円の返済なら、1万円から利息を引いた分が元金の返済分になるということです。次は元金についてです。毎月の元金の返済は一定額で+利息を払うことになりますが、1万円の元金なら1万円+利息分が毎月の返済額ということになります。次は定額についてです。これは毎月の返済を金額で指定するということです。そして最後の定率は、毎月の返済額を借入残高の〇〇%と決めて、その割合に則って決めていくということです。これらの決まりごとを覚えておけば、どの返済方法だと言われても困ることはないと思います。

 

カードローンの返済は、基本的には決まった日に定められた方法で算定された額を返済していく、いわゆる約定返済ではありますが、それだけでは残高が減りにくくなりますので、自分で返せるときに返せるだけの額を返す、随時返済と組み合わせて返済していくのが理想的な返済方法です。そして残高が減ってきましたら、一括返済乃至は元金一括返済をしても良いでしょう。