カードローン 審査

カードローンの審査に困っている方!会社によって違うので諦めたらダメですよ!

 

top

 

カードローンの審査は業者によって違いますが、基本的には安定した収入があるか返済能力があるか、身元がしっかりしているかどうかで判断されます。審査では、業者は申込者の住所・氏名・性別・電話番号・生年月日・勤務先等の個人情報の他、ローン・クレジット等の借入状況・借入金額・返済日・返済状況等も審査されますが、これらの情報は全て信用情報機関に登録されています。業者は申込者の申告に基づき、そのデータをこれらの情報機関にオンラインで照会して、申告に真偽がないかを確認した上で、その結果に基づいて融資を認めるか否か、融資を認めても借入限度額は幾らにするか等を判断するのです。

 

返済状況については、他者からの借入に於いて延滞したことがなかったか、完済しているかどうかで、まず返済能力や申込者の計画性の有無を判断します。返済には毎月のケータイやスマホの支払・家電を買ったとき等の分割払の支払状況も含まれていますが、それらも含めたどんな借入の申込をしているか等を調査して、申込者のお金の貸借に対する態度を把握するのです。その結果で全てが決まるわけではありませんが、ここをクリア出来ませんと、ローンも組めず借入も出来ない可能性が俄然高くなりますから、覚悟をしておく必要があります。

 

この信用情報機関には、全国個人信用情報センター(KSC)・日本信用情報機構(JICC)・シー・アイ・シー(CIC)の3つがあります。主に銀行等が加盟しているのがKSC、クレジットカード会社等の信販会社が加盟しているのがCIC、消費者金融が加盟しているのがJICCです。団体毎に個別に情報を管理してはいますが、団体同士で情報を共有しているので、どの情報機関に問い合わせても、同じ個人情報を引き出すことが出来るようになっているのです。これらの情報は業者だけでなく、個人でも引き出すことが出来るようになっているので、自分の借入状況を確認することも出来ます。

 

これらの情報の内容が、業者毎の審査基準に満たなければ、審査に合格することは出来ません。審査に通りやすい人の条件としては、最初にしたお話とも関係していますが、他社からの借入が一切ないか、借り入れているとしても、借入社数や借入金額が少ないか、順調に返済してきているか等があげられます。多重債務になったことがあって、債務整理をしたことがある人は、業者にもよりますが、審査には通りにくいかもしれません。これは消費者金融や信販系のカードローンでは、年収の3分の1以上の借入をしてはいけないという総量規制があるためです。もし年収の3分のギリギリまで借りていたり、新たな借入をすると、年収の3分の1を超えてしまう可能性があると、審査に通るのは難しくなります。

 

銀行のカードローンには総量規制はありませんが、消費者金融よりは審査が厳しいので、他社からの借入があるというだけで不合格になってしまうことも考えられます。それ以外のことでも、会社での勤続年数や会社の規模、年収・正規雇用かそうでないかが社会的信用度の点で基準になり、また同じ所に長年住んでいるか、ケータイやスマホの他に家に固定電話があるかどうか等も、連絡を確実にとれるかどうかという点で基準になりますので、よく覚えておいた方がいいでしょう。